ウエストを引き締めるダイエットエクササイズ

ウエストを引き締めるダイエットエクササイズ

ウエストのサイズダウンのためにダイエットをする人の多くは、腹筋運動をするようです。しかしこの腹筋運動が効果的なのは腹直筋というおヘソ周辺の筋肉です。

 

美しいウエストラインにするには「くびれ」が重要で、これはお腹の両側にある腹斜筋を鍛えなければ実現しません。ダイエットとウエスト引き締めのためには、腹筋運動にひねりの動作も取り入れてください。

 

しかし実は、ウエスト引き締めには腹直筋や腹斜筋を鍛えるだけでは不十分です。燃焼しづらいウエスト周辺の脂肪の燃焼には、基礎代謝を高める必要があります。

 

そこで効率よく基礎代謝を高めるために、腹横筋や大腰筋などのインナーマッスルを鍛えましょう。基礎代謝が高まると太りにくい体質に変わり、ダイエット効果もあらわれます。結果としてウエスト引き締めにも成功します。

 

インナーマッスルを鍛えるエクササイズには「仰向けで両足を上げて、床につかないように下ろす」というものがあります。このエクササイズでは、足は床ギリギリまで、そして8秒間かけてゆっくりと下ろすのがポイントです。ただし、腰に負荷がかかり過ぎると腰痛を引き起こし、ダイエットやウエスト引き締めどころではなくなるので注意しましょう。

 

それから、ウエスト引き締めには背筋も大切です。手足を伸ばした状態で、上半身を反らすのがお勧めです。このエクササイズも8秒間は姿勢を維持してください。

 

筋肉を鍛えると体重が増えるので、ダイエットでは腹筋運動などを避ける傾向があります。しかし筋肉が無ければ脂肪は燃焼しないので、ダイエットのためにもウエスト引き締めのためにも、日々の生活の中に取り入れていきましょう。


楽天オススメ商品


アドセンス広告