呼吸法によるダイエットでウエスト引き締め

呼吸法によるダイエットでウエスト引き締め

ウエストの引き締めに効果的な、呼吸法によるダイエットがあるのをご存知でしょうか。「横隔膜ストレッチ」と呼ばれるダイエット法は、ダイエット器具も使わず、お金もかからない簡単な方法です。

 

この「横隔膜ストレッチ」が特に有効とされるのは、内臓脂肪でウエストが太くなっている人です。そこで試しにお腹をへこませてサイズを測ってみましょう。へこませた時のサイズと、普通にしている時のウエストサイズの差が、男性10%未満、女性8%未満であれば、ウエスト周りに内臓脂肪が蓄積していると考えられるので要注意です。

 

このようにすることで、自分で思っているよりも、へこませた時とのウエストサイズの差が小さいと気づく人も少なくありません。判定の結果、内臓脂肪が蓄積していると分かったら横隔膜ストレッチを行いましょう。

 

横隔膜ストレッチは、息を吐きながらお腹をへこませた後、息を吸いながらお腹を膨らませるという呼吸を1回に5セット繰り返してください。息を吐く時には深くお辞儀をするようにして、息を吸う時には姿勢を基に戻していきますが、この時には鼻から息を吸ってください。また動作はゆっくりと行うことがポイントです。

 

横隔膜ストレッチは、体が温まっていると脂肪の燃焼効果が増すので、お風呂で行うのがベストです。しかし、日常生活の中で思いついた時に行うことも大切です。

 

他のダイエットエクササイズに加えて行うこともできるので、毎日の生活の中で習慣として取り入れることをお勧めします。


楽天オススメ商品


アドセンス広告